知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

季節のいろいろ

大文字送り火(五山送り火)が見えるおすすめスポットとレストラン

投稿日:

8月16日夏の夜空をいろどる京都五山送り火。
祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つです。

その中でも東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られており、そのため
「大文字」が送り火の代名詞のごとくいわれていますが、
そのほかに金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、
松ヶ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の「妙法」
西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、
これらが8月16日に順番に点火され、これを京都五山送り火とよんでいます。

スポンサーリンク

大文字送り火(五山送り火)の意味、五山送り火を英語でどう説明する?

―般的に、送り火そのものはお盆の翌日に行なわれる仏教的行事で(「報恩経」)ふたたび冥府にかえる
精霊を送るという意昧をもつもので、仏教が庶民の間に深く浸透した室町以後にこの行事が始まったとされています。
通説によれば、この夜、松明の火を空に投げ上げて虚空を行く霊を見送るという風習があったそうで、京都五山の送り火はこれが山に点火されてそこにとまったものであるといわれています。

さて、京都には五山送り火を見に来る外国の方がたくさんいることでしょうから、外国人のお友達に五山送り火の意味を英語で説明してあげましょう。

Gozan Okuribi (bonfire) held on the evening of August 16 is one of Kyoto’s symbolic religious
ceremonies in summer.Okuribi (bonfire) is said to send off ancestors’spirits to the other side.
People believe ancestral spirits come back to their homes around this time of the year (bon).It is said that Gozan Okuribi became an annual event after the Muromachi and Edo periods (15c-17c).
Gozan Okuribi consists of five different characters on five mountains: “Daimonji” (large),“Myoho” (Buddha’s remarkable teaching), “Funagata” (ship), “Toriigata” (shrine gate) and“Hidaridaimonji” (large on Mt. Hidaridaimonjiyama). These five characters are lit off one after another from 8 p.m.There are several views on the beginning; however the origin of the ceremony is unknown.
Some historical sources say there used to be a custom to send off ancestors’ spirits by throwing burning torches into the air.
In contrast, the present Gozan Okuribi adopts the style to light off the fire bed of each mountain.

 

大文字送り火(五山送り火)が見えるおすすめスポット

それぞれの送り火が見えるおすすめスポットをご紹介します。

大文字 (午後8時点火)

おすすめスポット:賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋〜御薗橋〕

大文字送り火は従来から護摩木に自分の名前と病名を書いて火床の割木の上に載せて焚くと、その病が治るという信仰があります。また消炭を持ち帰って粉末にし服すると、持病が治るともいわれており、15日から16日にかけて先祖の霊や生存する人の無事息災が護摩木に記されます。
この護摩木は送り火の点火資材として当日山上ヘ運ばれ、8月16日当夜7時から山上の
弘法大師堂でお燈明がともされ、大文字寺(浄土院)住職及び会員並びに参詣者等の有志により般若心経があげられます。その後このお燈明を親火に移し、合図により一斉に送り火が点火されるのです。

護摩木の受付
日時:8月15日12:00~19:00、16日6:00~14:00
(ただし護摩木がなくなった時点で終了する場合もあります)
場所:銀閣寺門前
護摩木:300円

妙 (午後8時5分点火) 

おすすめスポット:北山通〔ノートルダム女学院附近〕

スポンサーリンク

護摩木の受付:なし

法 (午後8時5分点火)

おすすめスポット:高野川堤防〔高野橋北〕

護摩木の受付:なし

船 形 (午後8時10分点火)

おすすめスポット:北山通〔北山橋から北西〕

護摩木の受付
日時:8月15日8:00~16:00、16日7:00~10:00
(ただし護摩木がなくなった時点で終了する場合もあります)
場所:西方寺門前
護摩木:300円

左大文字 (午後8時15分点火)

おすすめスポット:西大路通〔西院〜金閣寺〕

護摩木の受付
日時:8月15日9:00~15:00、16日7:00~14:00
(ただし護摩木がなくなった時点で終了する場合もあります)
場所:金閣寺門前
護摩木:300円

鳥居形 (午後8時20分点火)

おすすめスポット:松尾橋・広沢の池など

護摩木の受付
日時:8月15日10:00~16:00、16日9:00~15:00
(ただし護摩木がなくなった時点で終了する場合もあります)
場所:化野念仏寺駐車場
護摩木:300円

 

大文字送り火(五山送り火)が見えるおすすめレストラン

送り火を見ながらお食事はいかがでしょうか。どこも早めの予約をおすすめします。

京料理 竹島
京都市中京区木屋町御池上ル上樵木町496 アイル竹嶋1階奥
鴨川に面している京料理店です。納涼川床から送り火(如意ヶ獄の「大文字」)を鑑賞することができます。
川床と送り火を同時に楽しみたい方におすすめです。

めん坊 (木屋町本店)
京都市中央区木屋町通御池上ル東側
鴨川に面した京料理のお店です。
食事をする川床から、如意ヶ獄の「大文字」を見ることができます。

吉田山荘
京都市左京区吉田下大路町59-1
元東伏見宮家別邸の料理旅館です。京会席が楽しめます。
「大」の字が目の前に見られます。送り火の鑑賞会のプランがあります。

同志社大学「寒梅館」フレンチレストラン ウィル (french restaurant will)
京都市上京区御所八幡町103 烏丸今出川上る西側 同志社大学 寒梅館 7階
テラスから大文字の送り火がよく見えます。

ボンボンカフェ(BonBonCafe)
京都市上京区河原町今出川東入加茂大橋西詰
鴨川に面しており、テラスから「左大文字」がよく見えます。
メニューはフレンチトースト、パスタ、ハンバーグ、サラダなど。
ソフトドリンクはもちろん、お酒も楽しめます。

 

まとめ

お空に帰るご先祖様たちの精霊を見送る五山送り火。
まさに日本の夏を代表する風物詩ですね。

スポンサーリンク

-季節のいろいろ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サンタクロースへの手紙の送り方、フィンランドから返事をもらう方法

もうすぐクリスマス。「サンタさんに手紙を書きたい!」と子供に言われたらどうしますか?フィンランドのサンタクロースに手紙を書き、返事が来たらきっと子供は大喜び するでしょう。サンタさんへの手紙の出し方、 …

2017年第42回江戸川区花火大会の場所や穴場スポット、有料席について

隅田川花火大会と共に、東京の人気花火大会として知られる江戸川区花火大会。 テレビ中継があるメジャーな隅田川花火大会と比べると花火が少ないのかな~と 思う方もいるかもしれませんが、そんなことありません。 …

川越祭りの駐車場および川越周辺駅のおすすめ駐車場

関東の三大祭である埼玉県の川越市で毎年10月に行われる川越祭り。 2017年の日程は10月14日(土)と15日(日)です。 お祭りの当日は市内に交通規制が入るため、公共交通機関での来場が 勧められてい …

日本人はクリスマスになぜチキンを食べる?フランスのクリスマスの家庭料理

もうすぐクリスマス!クリスマスと言えばチキンの丸焼き! と言う方も多いのではないでしょうか。 でも、欧州ではクリスマスディナーにチキン(鶏肉)はあまり食べません。 日本人はなぜクリスマスにチキンを食べ …

初盆にお呼ばれした時の香典やお供え物、服装などで気を付けること

親戚の初盆に招待されました。香典はいくらぐらいが相場でしょうか? またお供え物を持っていくのでしょうか? 初盆、新盆の訪問で気をつけたいことを見ていきたいと思います。 スポンサーリンク 関連