知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

フランス女性 美容と健康

フランス人女性は水道水で洗顔しない?

投稿日:

フランスで暮らしたことがある女性なら思ったことがあるかもしれません。
「何を使って顔を洗ったらいいんだろう…?」と。
フランスには日本のように「洗顔石鹸」という大きな市場がありません。
お豆腐の石鹸、泥の石鹸、お茶の石鹸などなど、さまざまな洗顔石鹸がある日本で
もっぱら石鹸派だった方は、フランスで暮らし始めてちょっと驚いたのでは。
それでは、フランス人はいったい何で顔を洗っているのでしょうか。

スポンサーリンク

フランス人女性は水道水で洗顔しない?

フランスではここ数年「朝は洗顔する必要はない」という美容専門家の意見が出回り、
「朝、洗顔すべきかしないべきか」と悩む女性が出てきています。
ここで言う「洗顔」とは、「洗顔用のクレンジングジェルやクリーム、ムースを使って
顔を洗う」という意味で、朝起きてまったく顔を洗わないという不衛生な意味ではないのであしからず。

フランスの洗顔料市場は主に

  • Nettoyants gels(ジェル状クレンジング剤)
  • Mousses nettoyantes (ムース状クレンジング剤)
  • Crèmes moussantes(クリーム状クレンジング剤)
  • Pains surgras (保湿クレンジングバー)

というカテゴリーに分かれています。
「どうしても石鹸で洗顔したい」という方は、4つ目の保湿クレンジングバーが
洗顔石鹸に該当します。しかし厳密にいうと、保湿クレンジングバーは
石鹸とは違い界面活性剤が入っていません。肌にマイルドな固形洗浄バーと言えるでしょう。

さて、フランスではなぜ「朝は洗顔する必要はない」という意見が出てきたのでしょうか。
それは洗いすぎにより肌に必要な皮脂まで奪わないようにするべきという考えと、
フランスの水道水の性質に関係しているといえます。

フランスの水道水はいわゆる硬水。
軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。硬度というのは、お水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定める基準では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

日本のお水は軟水のため、肌や髪にも優しく、身体や髪を洗っても心配はほとんどありません。
ところがフランスのお水は硬水のため、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの影響で、
シャワーの後に肌がつっぱったり髪がパサパサしたりすることがあります。
フランスで毎日お湯を沸かすのに使っているお鍋が真っ白になるのも、硬水のためです。

そのため、水道水で顔を洗いすぎると良くない、という意見が出てきたのです。

 

フランス人女性はどうやって洗顔するの?

上記にあげた一般の洗顔料はすべて、洗顔の後に洗い流さなければならないので、
どうしても水道水で顔を洗う必要が出てきます。
でも、ミネラル分の多い硬水は肌にあまりよくない…。

そこで最近よくお店で見かけるようになったのが「ミセラーウォーター(Eau micellaire)」です。

ミセラーウォーターの「ミセル」とは界面活性剤などの分子またはイオンが
数十個から数百個集まってつくるコロイド粒子のこと。これらの粒子が肌の
汚れを効果的に取り去ってくれるのです。
まるで水のようなテクスチャで、オイル並みの洗浄力。私は初めミセラーウォーターを「化粧水」と思っていたのですが、実はクレンジングウォーター。でも、水道水で洗い流す必要がないのです。

スポンサーリンク

フランスでは、メイクや肌の汚れをさっぱり取り去り、しかもしっかり保湿をしてくれる、
水道水で洗い流す必要がないミセラーウォーターで洗顔する人が増えてきています。

 

ミセラーウォーターの使い方

ミセラーウォーターはメイク落としにも使えますが、朝の洗顔にも使えます。

使い方(メイク落としの場合)

コットンにミセラーウォーターを浸し、まず目のメイクから落とします。
まぶたの上を優しくコットンでおさえ、ミセラーウォーターがメイクに浸透する
ようにします。目の内側から外側に向けて、コットンで優しくメイクをふき取ります。
コットンを変え、何回かこれを繰り返します。

次に口紅を落とします。アイメイクの時と同じように、コットンにミセラーウォーターを
浸し、唇をコットンで優しく押さえます。唇の内側から外側に向けて、コットンで
優しくふき取ります。

ファンデーションも同様にミセラーウォーターで落とします。常に内側から外側に
向けて、こすらないように優しくふき取って下さい。首も忘れずに。
コットンにメイクがつかなくなったら、メイク落としの完了です。

水道水で洗い流す必要はありませんが、最後にミネラルウォーターのフェイシャル
スプレーをひとふきすることをお勧めします。余分な水分はティッシュペーパーで軽くふき取って下さい。

朝の洗顔の際も同様です。
コットンにミセラーウォーターを浸し、顔全体を優しくふき取ります。
最後にミネラルウォーターのフェイシャルスプレーをひとふきして、朝の洗顔は完了。
その後、メイクにかかります。

 

まとめ

洗顔石鹸→化粧水またはローション→クリーム(美容液)というステップに
なれている日本人女性にとって、「洗顔石鹸」と「化粧水」というカテゴリーの
商品がフランスにないと、正直フランスでのスキンケアの方法に戸惑ってしまうと思います。

そんな時には、このミセラーウォーターを「洗顔+化粧水」というワンステップにして、
保湿クリームでさらに補うのがフランス流のやり方です。

日本とは水や空気の乾燥度の違いがありますから、スキンケアも郷に入っては郷に従え、ということでしょうかね。

スポンサーリンク

-フランス女性, 美容と健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏になると足が重くてだるい。夏の足のむくみやだるさをとる方法

「暑い季節になると、足が重くてだるい…」そんな女性は日本だけでなく世界中に たくさんいます。特に私は年じゅう暑い東南アジアに住んでいるため、毎日の足の重さ、 むくみは大変な問題です。特に夕 …

水虫ってうつるの?水虫の治し方や再発防止、感染対策について

高温多湿でじめじめするこの時期、水虫でお困りの方も多いのではないでしょうか。 実は私の家族にもいます。ヨーロッパで暮らしていた時には水虫になど かかったことはなかったのですが、日本や東南アジアに住んで …

日焼け止めはいつ塗る?メイク時に塗る順番と化粧下地との併用について

冬の間は忘れていた紫外線予防。日差しが強くなってくると「あ、日焼け止めぬらなきゃ」と慌てますよね。 かく言う私は現在常夏の国に住んでいるため、顔用の日焼け止めは365日必須アイテムです。 肌老化の原因 …

フランス女性の働き方。フランスの女性は仕事と子育てをどうやって両立しているの?

大学時代からのフランス人の女友達を見ても、彼女達はずっと仕事を続けています。 出産、子育てで数年育児休暇を取ったとしても、その後は皆仕事に復帰しました。 スポンサーリンク 関連

ベジタリアンにもダイエット中の方にもおすすめ、植物性プロテインの豊富な美味しい食品

ベジタリアン(菜食主義)の方にとって、プロテインの摂取は健康に重要な 問題です。またダイエット中の方も、髪や皮膚を作るためにプロテイン(タンパク質) は必要です。プロテインは取りたいけれど肉は食べられ …