知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

美容と健康

ききすぎた冷房は夏バテのもと。冷房による冷え性から体を守る方法

投稿日:

冷房のききすぎた部屋で毎日仕事をしていると、「なんだか体がだるい」と感じたことがありませんか。
もしかしたら冷房病や冷え性になっているのかもしれません。
体を冷やしすぎて、冷房病による夏バテにならないようにする方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

冷房による疲れの原因

暑い季節になると、通常私たちの体では副交感神経が活発に働き、血管を拡張させ体内の熱を外に出そうとします。ところが冷房で体が冷えると、反対に体温を逃がさないように交感神経が働いて血管を収縮させます。
そのため血流が悪化し、冷えなどの症状が起こるのです。

体に冷えの状態がつづくと、次第に自律神経がダメージを受け、体温調節が上手にできなくなってしまいます。これが冷房病です。

健康な人では暑い外に出ると少しずつ体全体が温まり、発汗しますが、
冷房病になると体がなかなか温まらず、汗もかきにくくなります。

汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内にたまるため、
全身のだるさや疲れやすさ、さらには夏バテの原因ともなるのです。

冷房病対策には膝掛けや薄手の腹巻、保温性の高いハイソックス、レッグウォーマーなど、
いろいろなグッズがありますので、会社の冷房が強い場合には夏でも利用して体が
冷えないようにしなければなりません。

特に腹部を温めると全身の温度も上昇しやすいですから、薄手タイプの腹巻を利用するのが
おすすめです。

ただし冷房症や冷え性を防ぐには、体の外部だけを保護してもだめなのです。

 

冷房で疲れないための食事。体の内部から温める食べもの

冷房病や冷え性を予防するには、「体の芯(中心部)を冷やさないこと」が大切です。
その意味で食べ物や飲み物はとても大切です。

夏の暑い時にはソーメンや冷やし中華、アイスコーヒーなど冷たいものを食べたくなります。けれども冷房の効いた場所でそのように冷たいものを食べると、体を内外から急速に冷やすことになってしまいます。
冷たいものを食べると胃腸を冷やし、かえって体調をくずしかねません。

ですから、少し汗ばむくらいの暖かい食べものや飲み物をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

体を温める食べ物(温性食物)

もち米、黒砂糖、ごま油、くるみ、松の実、いんげん、ソラマメ、納豆、
あじ、さば、いわし、ふぐ、エビ、たい、かつお、たら、ぶり、あなご、うなぎ、
鶏肉、鹿肉、羊肉、チーズ、
玉ねぎ、ニラ、しょうが、にんにく、ネギ、カブ、かぼちゃ、大根、高菜、しし唐辛子、
シソの葉、チンゲン菜、みょうが、よもぎ、わさび、れんこん、ごぼう、ニンジン、
桃、ざくろ、紅茶、ココア、中国茶、ハーブティ、
みりん、からし、みそ、シナモン、こしょう、さんしょう、唐辛子
体を冷やす食べもの
そば、小麦、こんにゃく、白砂糖、豆腐、かに、かき、しじみ、たこ、
馬肉、牛乳、バター、バナナ、マンゴー、パイナップル、なし、柿、すいか、いちご、
メロン、びわ、みかん、リンゴ、青のり、昆布、もずく、わかめ、
緑茶、コーヒー

 

冷房で冷え性にならないための運動

エアコンの冷気は床の近くにたまるため、冷えをもっとも感じやすいのは足先です。
また足先は心臓から遠いために、血液の流れが悪くなりやすい部分です。

仕事中も1時間に一度くらいは席を立ち、少し歩いたり軽い屈伸運動をして、足先の血液の流れをよくしましょう。席を立てない場合には、つま先とかかとを交互に上げ下げする運動だけでも、血流がよくなります。

また普段からなるべくたくさん歩くようにし、足の筋肉を強くして血流をよくすることで、
足先が冷えにくくなります。

夏はついシャワーだけで済ませたくなりますが、お湯につかると足が温まるだけでなく、
水圧によって血流もよくなります。お湯のなかで、ふくらはぎを軽くマッサージすると、
効果が一層高まります。
夏でも低めの温度のお湯にゆっくりとつかることが冷房による冷え性の対策になります。

 

まとめ

たくさんの人が働いているオフィスでは、冷房を自分の適温に設定することができずに
困りますよね。
そんな時には服装や冷え対策グッズで外部を温めると同時に、食事、運動によって
内部からも体を温めるようにしましょう。

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ノロウイルスの感染経路と感染予防、感染予防のための消毒剤と汚れ物の洗濯方法について

インフルエンザとともに、晩秋から春先にかけて、乳幼児や小学生、高齢者が かかりやすいのがノロウイルス。ノロウイルスの主な症状は吐き気、嘔吐および下痢で、 発熱の頻度は低く、あまり高い熱にはならないこと …

冬に乾燥する顔や体をしっかり保湿する方法

冷たい木枯らしが肌にささるような冬。一歩オフィスや家に入れば、ほっとするどころか 暖房やエアコンがガンガンに効いているため、肌はさらに乾燥の道をまっしぐら。 そんな肌に厳しい環境が続く冬は、どのように …

ナチュラルビューティーにはまつげエクステ メリットとデメリット、年齢について

若い頃は毛が多いのがとても嫌でした。髪の毛にせよ眉毛にせよ 普通の人より多い方家系だったのでしょう。 ところが年齢を重ねると「毛が多いのは若さの証拠だったんだな~」と思います。 若い女の子は髪も眉毛も …

妊娠中や授乳中にカフェイン入りのコーヒーを飲んでも大丈夫?

仕事や家事の合間、またはお休みの日にお気にいりのカフェで淹れたてのコーヒーを 楽しむ女性も多いと思います。毎日のコーヒーはもはや習慣の一部。 けれども赤ちゃんができた場合、妊娠中や授乳中にカフェインが …

日焼け止めはいつ塗る?メイク時に塗る順番と化粧下地との併用について

冬の間は忘れていた紫外線予防。日差しが強くなってくると「あ、日焼け止めぬらなきゃ」と慌てますよね。 かく言う私は現在常夏の国に住んでいるため、顔用の日焼け止めは365日必須アイテムです。 肌老化の原因 …