知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

美容と健康

日中の保湿はどうする?メイクの上から保湿をする方法

投稿日:

朝のメイク前、お肌をしっかり保湿してからメイクしますよね。そしてメイクを落とした
後も同じ、しっかり保湿をしてから就寝すると思います。では、昼間の保湿はどうすれば
いいの、と思ったことはありませんか?

朝一度メイクをしてしまうと、オフィスの冷房や暖房でお肌が乾燥しても、なかなか保湿できません。けれどもメイクをしている昼間の12時間は、スキンケアを無視できない長さです。

24時間体制でお肌をしっかり保湿をするために、日中にメイクの上から保湿をする方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

メイクの上から保湿したい、でもミストを使うとよけいに乾燥する危険性が

日中、パウダータイプのファンデーションをつけていたらその粉の部分が油分を吸い込んでしまい、肌が乾燥してしまいます。リキッドファンデも水分が蒸発した後は肌の上で固まり、そこから肌の油分を吸い込んでしまいます。実はメイクをしている日中は肌がとても乾燥しやすい状態なのです。

どうやってメイクの上から保湿をすればいいのでしょうか?
メイクを崩したくないために、ミストタイプの化粧水を顔の上からシュッとひとふき
して保湿したくなるかもしれません。けれども純ミネラルウォーターやミストタイプの
化粧水は、スキンケアのためにメイク前にたっぷりかけるのには良いですが、メイクの
上からでは、表面で蒸発してよけいに肌を乾燥させてしまう場合があります。

 

メイクの上からの保湿には水分量が多いゲルクリームを

オフィスの冷房や暖房でファンデーションをした肌が乾燥してしまった場合には、
ゲルタイプのクリームがお勧めです。指に薄く取り、すーっと1回でなじませるように
塗ります。左右にこすったり、指でポンポンとするとメイクがムラになってしまいますのでご注意を。

スポンサーリンク

ニューヨークで活躍中のメイクアップアーチストの吉川康雄さんは、
「とにかくクリームを持ち歩くこと」をおすすめしています。
吉川さんによると、ツヤのある肌を作るために、ファンデーションを塗る前には必ずクリームを塗り、外出中でも乾燥する部分には常にクリームをオン。夜メイクを落とした後もすぐにクリームで保湿、と24時間クリームで保湿することを推奨されています。

ただしパウダーファンデーションの上からクリームを塗るとよれてしまうので、
吉川さんが使っているのはオイルベースのファンデーション。これだとファンデの
上からクリームを塗っても大丈夫だそうです。

パウダーやリキッドファンデーションを使っている方の日中の保湿には、先に書いた
ゲルクリームが使いやすいと思います。私は洗面所に立つたびに目元や口元に
ゲルクリームを塗りなおし、「24時間保湿」を実践しています。

 

化粧直しの際の保湿はどうすればいい?

日中に化粧がよれてしまい、どうしても化粧直しをしたい場合がありますよね。
けれどもオフィスの洗面所でクレンジング類を使用して、1からスキンケア+メイク
は難しいものです。
そんな場合には乳液やゲルクリームを多めに取って、落としたい部分に
くるくる馴染ませ、コットンで優しくメイクを拭き取ります。
チークやファンデなら軽く落とすことができ、同時に保湿も叶えながら下地にもなるので、その後にファンデやチークをきれいに塗りなおすことができます。

 

まとめ

肌の表面にツッパリ感を感じたら、肌が乾燥している証拠。
そして乾燥はしわのもとです。日中メイクの上からもしっかり保湿をしていれば、
10年後、20年後きっとうれしい効果がありますよ!

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ナチュラルビューティーにはまつげエクステ メリットとデメリット、年齢について

若い頃は毛が多いのがとても嫌でした。髪の毛にせよ眉毛にせよ 普通の人より多い方家系だったのでしょう。 ところが年齢を重ねると「毛が多いのは若さの証拠だったんだな~」と思います。 若い女の子は髪も眉毛も …

マテ茶を飲んでダイエット?マテ茶の健康効果と作り方飲み方のついて

マテ茶って飲んだことありますか? 日本では今ではマテ茶がペットボトル入りで販売されているので、飲んだことがある方もいらっしゃるかと思います。 ブエノスアイレスで暮らしたことがある私にとって、マテ茶とい …

目の下のシワを食べ物と生活習慣で改善する方法 

30代後半頃から気になりだす目の周りのシワ。私は写真に写った自分の目元のシワを見て から、人前で笑顔を作るのをためらってしまうようになりました。高価なアンチエイジング のアイクリームを使わずに、身近な …

ききすぎた冷房は夏バテのもと。冷房による冷え性から体を守る方法

冷房のききすぎた部屋で毎日仕事をしていると、「なんだか体がだるい」と感じたことがありませんか。 もしかしたら冷房病や冷え性になっているのかもしれません。 体を冷やしすぎて、冷房病による夏バテにならない …

肌老化の原因の8割は紫外線。老化を防ぐには目から入る紫外線対策も重要

「やっぱり年と共に肌が少しずつ老化しているなあ…」と毎朝鏡を見るたびにため息が。 特に10代の子供達のハリのある肌をとなりで見ていると、どうしても自分と比べてしまいます。 年をとるのは誰で …