知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

美容と健康

冬に乾燥する顔や体をしっかり保湿する方法

投稿日:

冷たい木枯らしが肌にささるような冬。一歩オフィスや家に入れば、ほっとするどころか
暖房やエアコンがガンガンに効いているため、肌はさらに乾燥の道をまっしぐら。
そんな肌に厳しい環境が続く冬は、どのように私達の肌を保湿すればよいのでしょうか。
冬の肌の保湿方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

冬に乾燥する顔や体をしっかり保湿する方法

寒さは皮膚の保護機能を低下させるため、乾燥が進みます。特に手、鼻、口といった体の
先端部は外気にさらされるために、乾燥がひどくなる傾向にあります。このように肌の極端な水分不足に加え、冬は皮脂の分泌が低下するため、肌のつっぱり、カサカサ、かゆみなどの症状を引き起こすのです。また、冬の間は室内でエアコンなどの暖房設備をつけるために、さらに肌の乾燥が進みます。ある研究によると、このような肌の炎症トラブルは、秋に
比べて冬は10%増加するそうです。

 

熱すぎるお風呂やシャワーは厳禁

寒い冬には家でゆっくりと熱いお風呂につかりたい!と思いますが、実は熱いお風呂は
乾燥肌によくありません。肌の乾燥がひどい場合には、お風呂やシャワーののお湯は
35℃程度にし、長風呂は避けましょう。

エアコンはつけすぎないで。室内の加湿に心がけましょう

室内は日中は20℃に、夜は19℃に保ち、室内の湿度は45~55%程度に保たれるように
加湿器等を使って調節しましょう。「20℃なんて寒すぎる…」と言わず、
エアコンの温度を低めにし、お肌の乾燥を防ぎましょう。

ソープフリーの洗浄剤を使う

皮膚の自然な脂質膜を保つために、ソープフリーの洗浄剤(シンデットなどの
肌に低刺激な洗浄剤)を使用して体を洗うようにします。

肌を乾燥させないオイル系のメイク落としで洗顔する

肌が乾燥する季節には、オイルやクリーム状のクレンジング剤を使ってメイクを
落としましょう。メイクを落とした後も肌に油分が残り、保湿されます。

スポンサーリンク

入浴後には体全体に保湿クリームやオイルを塗る

熱すぎないお湯で入浴をした後は、顔はもちろんのこと、体全体もしっかりと
保湿クリームやオイルを塗って保湿します。特にひじ、ひざ、かかとなどはかさかさに
なりやすいですから、入念にお手入れをしましょう。この時、アルコール入りの化粧品はさけ、保湿ミルクやバームを使うのがよいでしょう。

鼻、唇、手は特に外気にさらされる場所ですので、専用クリーム(ハンドクリーム、
リップクリーム)などを使って保湿をしましょう。
外に出る際には必ず手袋、マスクなどをして肌を乾燥から守りましょう。

顔にはいつもより念入りなケアを

乾燥する季節にはフェイスマスクやセラム、クリームを使い、いつもよりも顔の
保湿ケアに気をつけましょう。

水分をしっかり補給する

冬でも毎日1.5~2リットルの水分を補給することを心がけましょう。
飲み物は水、お茶、ハーブティ、スープなど、なんでもOKです。

ビタミンDとEを補給する

魚やドライフルーツ、キウイ、ホウレンソウなどを多く食べてビタミンDとEの補給に心掛けましょう。

<注意>
寒い外から帰ってきても、氷のようになった手をお湯につけて温めてはいけません。
温度差のショックで毛細血管が損傷し、赤みが出てしまう恐れがあります。またお湯は
皮膚の脂質膜を壊してしまい、余計に肌の乾燥が進みます。

まとめ

寒~い冬の熱~いお風呂。とっても気持ちがよいのですが、実は肌を乾燥させる原因に。また、高温度に調節されたエアコンも肌の大敵。
温度を下げ、冬の保湿クリームはいつもよりも濃厚なものを頻繁につけるなどして、
冬の保湿対策をしましょう。

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紫外線から子供を守るために気を付ける時間帯、環境、服装について

私が子供の頃、または私の両親が子供の頃は「子供は夏休みに真っ黒に日焼けをするものだ」と誰もが思っていました。 ヨーロッパでもそうでした。「小麦色の肌」は美しさのひとつの基準で、不健康な白い肌よりも適度 …

ききすぎた冷房は夏バテのもと。冷房による冷え性から体を守る方法

冷房のききすぎた部屋で毎日仕事をしていると、「なんだか体がだるい」と感じたことがありませんか。 もしかしたら冷房病や冷え性になっているのかもしれません。 体を冷やしすぎて、冷房病による夏バテにならない …

女性の美しさとは?アンバランスさは魅力になりブスな部分はアクセントになる

セルジュ・ゲインズブールとジェーン・バーキンの娘であるシャルロット・ゲインズブールは今45歳。New York Magazineのインタービューの中で、彼女は自分の大きな鼻がずっとコンプレックスだった …

ナチュラルビューティーにはまつげエクステ メリットとデメリット、年齢について

若い頃は毛が多いのがとても嫌でした。髪の毛にせよ眉毛にせよ 普通の人より多い方家系だったのでしょう。 ところが年齢を重ねると「毛が多いのは若さの証拠だったんだな~」と思います。 若い女の子は髪も眉毛も …

フランス人女性は水道水で洗顔しない?

フランスで暮らしたことがある女性なら思ったことがあるかもしれません。 「何を使って顔を洗ったらいいんだろう…?」と。 フランスには日本のように「洗顔石鹸」という大きな市場がありません。 お …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら