知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

フランス女性

フランス女性の生き方。素敵に年をとる秘密って?

投稿日:2017-03-22 更新日:

フランス女性について書かれた本は、日本だけでなく世界中でよく売れるようです。
フランスで暮らしたことのあるアメリカ人やイギリス人は、「フランス人の女性は太らないし、年をとらないし、いつもシックでエレガント(洋服を10着しか持っていなくても!)で、しかも子供を上手にしつける」と、みな彼女達を称賛の目で見ています。

スポンサーリンク

どうして世界中の女性はフランス人女性をそのような目で見るのでしょうか。フランス映画の女優さん達の影響でしょうか?
でもそれならアメリカにも素敵な女優さんはたくさんいるはずです。

いつまでも魅力的でいる彼女たち

それはもしかしたらフランスの女優さんが若い時だけでなく、年をとってからもずっと魅力的でい続けるからかもしれません。
また女優さんに限らず、普通のフランス女性達もいつまでたっても年齢に関係なく素敵に見えます。
「おばさん」ではなく「マダム」呼び方の方がまさにぴったりくるのです。

フランス社会での老いに対する考え方

どうして彼女達はいつまでも魅力的でいられるのでしょうか。

そもそもフランス社会の「老い」に対する考え方は、アメリカや日本と違うように思います。
「若い」ことが重要な我々の社会とは違って、フランス社会では男性も女性も「人が年月と共に熟していくこと」を本気で素晴らしいと思っています。まるでワインを寝かせておくとどんどんおいしくなっていくかのように。

ですから、フランス人の女性達は「若くみせよう」と年齢に逆らうことに努力するのではなく、よりよく年を取ろうと努力します。
もちろんそのためには、食事や服装、スキンケアにもとても気をつかいます。フランスの女性誌にはエイジングケアの化粧品広告がいっぱいです。でも、それらのキャッチコピーは「実年齢より10才若く見える!」などと若返りをうたうものではなく、「健康的な肌に」「心地よい肌に」などと、自分の今の肌を最高のものにしようとすることを目指しているように思います。

スポンサーリンク

例えばVICHYラボラトリーの「スローエイジ」。「アンチエイジング」ではなくスローに年をとっていこうというのが、フランスらしいと思いました。

またスキンケアやボディケアでフランス女性が気を付けているのは、ケアに時間をかけながら年相応に「ナチュラルに」見せること。
ですからリフティングなどで手に入れたシワひとつない「パーフェクト」な顔は、魅力的ではないと考えます。

40歳、50歳、60歳になっても

またフランス人女性は40歳になっても50歳になっても自分が魅力的であると信じており、現にそのように振る舞います。
それは決してハタチの女の子のように振る舞うのではありません。年に応じて、自分らしくいようとするのです。

外見だけではありません、年齢を重ねるごとに、知識も経験も豊富にしていくことが大切です。
お気に入りの詩人や哲学者の言葉を引用したり、政治のことや今話題の本やお芝居のことも話せるようでなければ、魅力的な大人の女性ではないと考えます。確かに結婚出産をして自分の子供のことしか話題がなくなってしまっては、周りの人もつまらないでしょう。ですから、彼女達はよく映画や展覧会を見に行ったり、本を読んだりします。出かけるときにも小脇に分厚い本をかかえて、時間がある時にカフェやメトロのなかで本を開いている女性をよく見かけます。

フランス人画家、彫刻家のアンリ・マチスは言います。「年をとることは避けられないが、年寄りになることは避けられる。」

年に逆らうのではなく、年に応じて自分らしくいる。年齢とともに自分に深みを持たせる。

これが、フランス人女性がいつまでも魅力的でいられる理由ではないでしょうか。

スポンサーリンク

-フランス女性
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フランス人男性は女性のココが嫌い!フランス人彼氏にやってはダメなこと

フランス人の彼氏と長く関係を続けたいのだったら、次のような態度はとらないように気をつけましょう。彼らは女性のこんなところが嫌いです。 スポンサーリンク 関連

化粧水はいらない?拭き取り化粧水って何?フランスのスキンケア方法

私が化粧水を使わなくなったきっかけ。それは化粧水が売っていない国に 住んだからです。郷に入っては郷に従え。売ってないんだったらしかたがない、と 化粧水を使わなくなったら、なくても良くなってしまいました …

フランスの子育て事情。教育費、国の子育て支援や手当はいくらなの?

今年の夏も約1か月、フランスに滞在してきました。そして毎年のように思ったのは 「どうしてこんなに子供が多いの?」ということ。ちょうど学校のバカンスシーズンでもあったので、ビーチや避暑地は子供連れの家族 …

海外赴任と駐在妻のキャリア。夫について海外にきたフランス人妻のキャリア構築の難しさと苦悩

日本でも夫婦で共働きをするのが当たり前になってきていますが、フランスに比べるとまだまだ少ない方でしょう。 夫婦そろって働き続けるのが普通のフランスですが、海外赴任となるとそれについていくのはまだ女性の …

フランス女性の働き方。フランスの女性は仕事と子育てをどうやって両立しているの?

大学時代からのフランス人の女友達を見ても、彼女達はずっと仕事を続けています。 出産、子育てで数年育児休暇を取ったとしても、その後は皆仕事に復帰しました。 スポンサーリンク 関連