知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

美容と健康

女性の美しさとは?アンバランスさは魅力になりブスな部分はアクセントになる

投稿日:

セルジュ・ゲインズブールとジェーン・バーキンの娘であるシャルロット・ゲインズブールは今45歳。New York Magazineのインタービューの中で、彼女は自分の大きな鼻がずっとコンプレックスだったと言っています。
彼女は自分のコンプレックスをどうやって克服することができたのでしょうか。

スポンサーリンク

シャルロット・ゲインズブールが大嫌いだった自分の鼻

シャルロットは小さな時から「自分は美しい人達に囲まれていた」といいます。

「私の家族はみんな美しかった。おばあちゃんは信じられないくらいきれいだった。
私のお母さん(ジェーン・バーキン)は自分のことを恥ずかしく思っていたけれど、
ものすごくきれいだった。私の義母も美しかった。ルー(義理の妹)も信じられないほどに。彼女は私より4歳年下で、ブロンドだったわ。」

そんな美しい女性達に囲まれていた彼女は、いつも自分を「みにくいアヒルの子」のように
感じていたという。

「お父さんに(セルジュ・ゲインズブール)はいつも私に”大きな鼻は、おまえの個性
(キャラクター)なんだよ”と言っていました。私は鼻を整形したかった。
自分の鼻が大嫌いで、いつも恥ずかしかった。でもお父さんはこう言ったの。”ジュリエット・グレコはすばらしい大きな鼻をしていたけれど、残念ながら整形をしてしまったせいで、
もう彼女ではなくなってしまったんだ” だから私はずっとこの鼻のままなのよ。」

どうやって自分のことを美しいと思えるようになったか

自分のことを美しいと思えなかったシャルロットは、ある時他人がこういうのを聞きます。

スポンサーリンク

「シャルロットってなんておもしろいんだろう!」

その時、彼女は「自分のいいところは、自分の見かけによるものじゃないんだ」と思ったそうです。
そして自分の嫌いだった鼻を受け入れました。

今では自分の昔の写真を見て自分が美しかったと思えるそうです。
「もっと早くに自分自身のことを受け入れていられたら、小さい頃から自分のことを好きになれていたのに。」

彼女には現在14歳になる娘さんがいます。娘さんに「美しさ」についてひとつだけ教えてあげるのとすれば、

「ありのままの自分を受け入れること。」

だそうです。

 

アンバランスさは魅力になり、ブスな部分はアクセントになる

シャルロットの言葉は、他のパリジェンヌもよく言っています。

フランス女性の不思議な美しさはどこからくるのか。他の国の女性とは違う美意識

メイクアップアーチストの吉川康雄さんの「生まれつき美人に見せる」という本に
書いていることが、同じことにつながるのかなと思ったのでご紹介します。

 

ブスはアクセントになるので、そのまま放っておく

基本的にブスな部分は放っておきましょう。
ブスはアクセントになります。人間は、「ちょっと変だな」というものにいちばん惹かれます。
変な部分があるというのは、立派な個性であり、あなただけの美しさをつくるための
大切な要素。だから、自分の変なところに簡単に×をつけてはいけません。ブスと美人の部分のアンバランスさは、とてつもない魅力を生むのです。

一度、変だと思う部分は忘れて、自分の中の「美人」を育てることに専念しましょう。
そちらの方が独特の美人になれます。
(中略)
自分の持っている美人の部分をとことん伸ばして、ブスの部分は放っておけばいいのです。

美人とブスが混ざり合うと、より魅力が増す。

ありのままの自分の体を受け入れることで、アンバランスさは魅力になり、
ブスな部分はアクセントになるんですね。

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自然な方法で汗を抑えたい。食品や飲み物を使って汗を抑えるには

人の体には約400万個もの汗腺があり体温調節に役立っています。私達の体は汗をかくことによって体温を下げようとするのです。 しかし暑さによって汗をかくだけでなく、現代では精神的要因(緊張・ストレス・不安 …

女性の頻尿の原因とは?運動や体操、サプリで頻尿を改善する方法

頻尿に悩む女性は多く、最近の調査では、40歳以上の女性のおよそ2人に1人が 頻尿の傾向にあり、また8人に1人が、過活動膀胱の症状であるそうです。 日中の外出中はトイレの場所が気になるし、夜は頻繁に起き …

夏におすすめの飲み物!体にも美容にもいいデトックスウォーター

暑~い夏。ついつい冷房の効いたスタバに入って「キャラメルフラペチーノ!」とオーダーしていませんか? こまめな水分補給が大切だからといって、何を飲んでもいいというわけではありません。 スポンサーリンク …

肌老化の原因の8割は紫外線。老化を防ぐには目から入る紫外線対策も重要

「やっぱり年と共に肌が少しずつ老化しているなあ…」と毎朝鏡を見るたびにため息が。 特に10代の子供達のハリのある肌をとなりで見ていると、どうしても自分と比べてしまいます。 年をとるのは誰で …

紫外線から子供を守るために気を付ける時間帯、環境、服装について

私が子供の頃、または私の両親が子供の頃は「子供は夏休みに真っ黒に日焼けをするものだ」と誰もが思っていました。 ヨーロッパでもそうでした。「小麦色の肌」は美しさのひとつの基準で、不健康な白い肌よりも適度 …