知りたがり屋日記~Petite Curieuse

好奇心旺盛な知りたがり屋さんにいろいろなお話をお届けします

フランス女性

フランス女性がスキンケア、ヘアケア、メイクで気を付けていることは?魅力的な女性になる方法。

投稿日:2017-03-19 更新日:

雑誌やパリの町でフランス人女性を見ていて思うのは、「この人なんだか素敵なんだけど、はたしてスキンケアやメイクに手をかけているんだろうか?」ということ。
メイクはほとんどしていないように見えるし、髪も無造作にまとめているだけ。でもなんだか魅力的。でもなんで?

スポンサーリンク

アジア人のきれいな人はその点はっきりしている。ファンデーションをしっかりと塗り、眉毛も丁寧に描く。
まつ毛はしっかりカールまたはエクステ装着、チークを頬骨にそって入れて口紅を塗る。
髪先はクルクル巻かれていたり、ヘアアクセサリーがキラキラしていたり。

でも手をかけているのは分かるんだけど、なんだかメイクがその人になじんでいない。明らかにワザと魅力的にみせようとしている。

フランス女性の魅力がどこからくるのか、4人のパリジェンヌが書いた本
“How to be Parisian wherever you are”(Sophie Mas, Audray Diwan, Caroline de Maigret, Anne Berest著)
を参考にしながら、探っていきたいと思います。

肌はナチュラルに見えなければならない

フランスのモード系雑誌を見ていると、女性のしみやそばかすはあえて隠さないことに気づきます。
例えばフランスの老舗ジュエリーブランドMAUBOUSSIN(モーブッサン)の広告写真を見ていていつも思うのは、女性の肌がいつもリアルに撮影されていること。ソバカスだらけの顔と、モーブッサンのジュエリー。

アジアの広告だと絶対にこうはありえないでしょう。広告にうつるアジアの女性の肌は、いつもシミひとつなく完璧に白いのです。

パリジェンヌたちの本にこう書いてあります。

シミソバカスは春の最初の太陽の光と共に現れるもの。あなたが嘘をつけば頬は赤くなり、怖気づいた時には顔中が高揚する。
さまざまなストーリーを、肌の自然な色の後ろに閉じ込めてしまってはいけない。
だから、肌は見せ、さらけださなければならないのだ。

フランス女性のスキンケア、メイクの最大の鉄則は「肌はナチュラルに見えなければならない」ということです。

フランス女性はどうやってナチュラルな肌をつくるか

フランス人女性はファンデーションを使うのを避けるといいます。なぜなら、ファンデーションは肌を覆うものにすぎず、おおってしまってはつまらないからだそうです。
でもそれは、何もつけないという意味ではありません。

そのかわりに使う、見えない道具はたくさんある。見えないけれど、効果的なもの。つまり、ニスのようなもの。
画家がキャンバスに色を塗る前に「準備をする」ように(これらの準備は秘密にしておかなければならず、画家の死と共にそのレシピも消え去るのである)、顔の肌もキャンバスのように扱わなければならない。

そう、フランス女性の肌には秘密の下準備が隠されているのです。

スポンサーリンク
まずは専門家が推奨するように、モイスチャライザーで肌をなめらかにすること。
次に、コンシーラー(Yves Saint LaurentのTouche Eclat)やBBクリームを使って、肌の不具合(目の下のクマ、鼻の両サイド、シミなど)を隠す。
どうしてもファンデーションなしではすごせないというのであれば、その効果を和らげるように、少量のモイスチャライザーと混ぜて使うこと。そして、目力を強調しクマを隠すために、上下のまつげにマスカラ(Hypnose by Lancome)を数回塗る。
外出するときには真っ赤な口紅(Dior Addict)も悪くない。

フランス女性のヘアスタイルの秘密

雑誌でみるフランス女性の髪形はいつもなんだかボサボサ。前髪が無造作に顔にかかっていたり、櫛でとかしていないようなロングヘアそのままだったり。下に「ヘアスタイリスト」の名前が書いてあると、「何かスタイリングしたの?」と思ってしまいます。
でもこれが彼女達の魅力の秘密なのです。

パリジェンヌの最も特徴的なところは、その髪型である。彼女達を見分けるにはいくつかの特徴がある。
パリジェンヌのヘアスタイルは決して「パーフェクト」ではなく、豪華な盛りヘアはあまり好きではない。
彼女達は年齢に応じて髪型をくふうし、髪型のキチンと具合を変化させる。
しかし、注意しなければならないのは、これは実に綿密に計算された、無秩序さなのである。

それではフランス女性の計算された無秩序なヘアスタイルをつくるには、どうすればよいのでしょうか?

ヘアドライヤーで髪を乾かしてはならない(ドライヤーそのものをどこかにやってしまうべきかもしれない)。
そのかわりに、もっとエコロジーなものを二つ使う:夏は自然の風、冬はタオル。可能な限り、髪は朝ではなく夜洗い、濡れた髪のまま外出しないですむようにすること。

湿ったままの髪で眠りにつくと、起きた時にいい感じの髪型になる。髪を毎日洗うのはよくない。一日おき(または髪質によって二日おきでも)にすることで、髪に適度な重さが出て、お団子ヘアにしたときに、ちょうどよいボリュームになる。

ヘアアクセサリーはつけてはならない。あなたが18歳以上なら、ヘアクリップやヘアバンド、またどんなヘアアクセサリーもつけないこと。
年齢と共に顔がだらしなくなってくるのだから、バランスをとるために髪はすっきりさせること。
素晴らしい夏の時間にほんの少しの海水と太陽の光を浴びると、あなたの髪はほんとうにパーフェクトになる。少し乱れ、明るく、そして少ししょっぱく。
もちろん、髪の毛や耳の後ろ、首筋にほんの少しの香水をつけるのも悪くない…。

この計算された無秩序な肌、ヘアスタイルが、フランス女性の魅力の秘密だったのですね。

フランス女性の美学について、パリジェンヌたちからのアドバイス

ナチュラルとはなにか。これは非常に解決が難しい問題。
なぜなら、実際のところナチュラルなものなんてないのだから。

パリジェンヌは生まれつきパーフェクトな肌で、すばらしく無造作な髪を持っていると思われているかもしれない。彼女達はゆりかごの前からシャネルNo.5の香りを漂わせているのだ、と。
その「ナチュラルさ」は遺産であり、説明できないものなのだ、と。

それはすべて嘘である。

「ナチュラルでいる」というのは、何世代もの間、丹念に受け継がれてきた大変な努力の賜物なのだ。
受け継がれてきたのは、こんな風なちょっと変わったアドバイス:

まるで自分自身に気を使っていないように見せながら、いかに自分のケアをするか。

これが、フランス女性の美学。

スポンサーリンク

-フランス女性
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

出生率ヨーロッパナンバー1のフランス。でもフランス人はなぜ結婚しないで子供を産むのか

フランスはヨーロッパの中でも最も出生率の高い国です。 EUROSTATが2016年3月に出した統計によると、2014年のフランスの出生率はヨーロッパ内でトップの2.01でした。 スポンサーリンク 関連

いつもスリムなフランス女性達は普段何を食べているの?フランス女性の食事について

アジア人から見るとそうでもないかもしれませんが、アメリカやオーストラリア、北欧の女性達から見るとフランス人女性はかなりスリムに見えるようです。ヨーロッパで「フランス人女性」という言葉一緒に最もよく検索 …

フランス女性の働き方。フランスの女性は仕事と子育てをどうやって両立しているの?

大学時代からのフランス人の女友達を見ても、彼女達はずっと仕事を続けています。 出産、子育てで数年育児休暇を取ったとしても、その後は皆仕事に復帰しました。 スポンサーリンク 関連

化粧水はいらない?拭き取り化粧水って何?フランスのスキンケア方法

私が化粧水を使わなくなったきっかけ。それは化粧水が売っていない国に 住んだからです。郷に入っては郷に従え。売ってないんだったらしかたがない、と 化粧水を使わなくなったら、なくても良くなってしまいました …

フランス女性の不思議な美しさはどこからくるのか。他の国の女性とは違う美意識

ヴァネッサ パラディというフランス人の歌手がいます。 シャネルの香水の広告に抜擢されたりと子供のころからフランスでとても人気がある女性ですが、前歯の間に大きな隙間があって、私には彼女が美人とはあまり思 …